ひよこブログ

心ゆたかなライフスタイルを探索中・・・

夜道のトラウマ

 

こんばんは、ひよこです^^

 

最近身近で不審者情報が多いのが影響してか、夜道を車で運転していたら

学生時代の出来事を思い出しました。

 

高校生の時なのですが、通学路に不審者がふたりいて

不審者というか、露出者がふたり。いました。

 

ひとりは、学校を出てすぐのライスセンター横で

ご丁寧に懐中電灯で照らしながら待機中の高齢男性(爆)

 

自転車通学でそこを通る生徒はほぼ目撃していて、

立ってただ照らしているだけということでもうみんな慣れっこ。

わたしもはじめは衝撃的でしたが、距離も小さな川を挟んで向こう、

といった感じだったので慣れてしまいました。

 

ふたりめはなかなかこわくて、

家に近い田んぼ道ですが、ライトをつけた車が停まっていると

「出る」証で。

 

自転車で走行していると、

うぃっ、うぃっ・・・

と掛け声?が前方から聞こえてきて

これまたご丁寧に懐中電灯で照らしながら見せつけてくる年齢不詳の男性。

 

この人は、暗闇から自転車のライトを追ってこちらにやってくるので

ただただ恐怖で、

でもぎゃー!!なんて声を出したら喜ばせてしまうと思って

無声を心がけ、出会ってしまった際には心臓バクバクで帰っていました。

 

その時は何もなくて良かったですが、今思ったら結構こわい話で

ふたりめに関しては警察案件だったなぁ、と。今更思います。

 

久々にふと思い出したけど、暗闇と不審者ってほんと恐怖でしかないですし

そのふたりに言いたい!

 

見てほしかったところ、全然見えてなかったよ!!

 

 

 

ここで言ってもどうにもならないけどさ。

 

男女関係なく、夜道や人通りの少ないところでひとりになることは極力避けていただきたいです。

 

(本日の投稿は、男性に向けてのヘイトではございません!不快にさせてしまったらごめんなさい)

 

それでは!

お読みいただきありがとうございました^^